外国為替証拠金取引 Part.2

入門者、初心者の方は、複雑な相場のトレンドを読んだり、FXの特徴であるレバレッジの影響による資金の上下の動きのセンスやタイミングなどをなるべく早く把握するためにも、スタートしたばかりのうちは可能な限り低いレバレッジの設定でFX取引可能な取引口座を利用するといいでしょう。

必要ではあってもFX会社が信用できるか信用できないのかについての判別をすることは、おそらくかなり骨が折れることだと思います。見極めが困難だからこそ、倒産など最悪のことを免れるための一つの仕組みである、「信託保全」を採用しているかどうかが、大切になります。ブックメーカーオンラインカジノでも同様の信託保全をしているところがあります。

1ドルが100円として、仮に1000ドル(=10万円)の保証金によって、1万ドル(=100万円)を買った場合はレバレッジ(取引額÷証拠金)については10倍になるのです。しかし入門したばかりの初心者である間は、なるべくレバレッジを利用しないリスクの少ないFX取引をやることを強くお勧めいたします。

FX取引だったら、あの2007年に起きたサブプライムショックの影響下にある今でも、他を大きく引き離して年率7〜11パーセントの運用は望めるのです。無論FX初心者でも全く心配ありません。ベテランの域に達すると、きっと年率11パーセント以上だって達成できるはずです。

一般的に、株式投資のことを考えたとき、株を売って得られる収入等といったキャピタルゲイン(Capital Gain)のほうを思い浮かべられる方のほうがかなり多いに違いありません。結局のところキャピタルゲインのほうが、かなりの収入を手にすることが楽なのですから。